アニメ

【ネタバレ注意】ダイの大冒険 第24話「竜騎将バラン」父親バラン・息子の本名ディーノの衝撃

アニメ ダイの大冒険 第24話「竜騎将バラン」のネタバレ感想まとめです。

竜の騎士とは何なのか、そして自分自身の正体を知るためにテラン王国の神殿を訪れたダイ。

そこに突如として現れた魔王軍の竜騎将バラン!

竜の騎士しか入れないはずの神殿になぜ?

いよいよ、ダイの出生の秘密が明らかになってきます。

第23話のネタバレ感想はコチラ

竜騎将バランも竜の騎士

今話の場面はバラン率いる超竜軍団に滅ぼされてしまったカール王国から始まります。

生き残った若い兵士は、バランと戦って殺されたという兄を埋葬するためカール王国を訪れたヒュンケルに助けを求めます。

承諾したヒュンケルは、兵士の兄の胸を貫いている傷跡をみて驚きます。

傷跡にはダイの額と同じ紋章…竜の紋章が刻まれていました。

ダイが危ない!ヒュンケルはダイに危機が迫っていることを直感します。

竜騎将バランも竜の騎士

場面はテラン王国の神殿へ移ります。

この世に同時に2人以上現れることは決してないという竜の騎士が2人いる。

この状況に驚く"喋る水晶"。

バランは自身が竜の騎士であり、ダイもまた竜の騎士だと認めたうえで大魔王バーンの部下になれと勧誘します。

ダイはまだ状況が整理できていないものの、勇者として勧誘を断り、敵としてみなしたバランにアバンストラッシュで攻撃します。

魔影軍団最強の鎧を身に着けたフレイザードを一発で粉砕したアバンストラッシュですが、鎧を軽く傷つけただけでバラン自身には全くダメージを与えられません。

するとバランは反撃とばかりに額に竜の紋章が輝かせ、神殿ごとダイは吹き飛ばされてしまいました。

バランは父親!息子ダイの本名はディーノ!

これまでの敵とは明らかに格が違うバラン。

場面は湖の底の神殿から、ポップやレオナがいる地上へ移ります。

バランが本来の竜の騎士、そしてダイはバランの息子

バランに吹き飛ばされたダイは、レオナとポップに魔王軍の軍団長が襲ってきたと状況を説明します。

すると間もなく、バランもダイを追って地上に出てきました。

レオナがダイをベホマで回復している間、ポップは自身の最強呪文であるベタンをバランに放ちます。

が、ドラゴン3匹を倒した威力を誇るベタンがバランには全く通じません。

しかもバランが放った闘気によってベタンがはじき返されてしまいました。

バランの圧倒的な力を前に、なぜバランはダイを魔王軍に勧誘しようとするのか、同族だからといってダイのことを扱う権利はないと言うポップとレオナ。

それに対し、バランの回答は

「権利ならある…ダイは私の息子だ…本当の名前はディーノ!」

ここまでの状況を整理すると、

・バランが本来地上に1人しか現れないはずの本当の竜の騎士

・しかし、バランには息子が生まれ竜の騎士が同じ時代に2人現れることになった

・この息子がダイで本当の名前はディーノ

という事です。息子だから親のいる魔王軍に入ることは当然、というのがバランの理屈ですね。

笑うバーン、焦るハドラー

場面は一時的に魔王軍側へ切り替わります。

大魔王バーンの前にひざまずくハドラー、ミストバーン、キルバーン、ザボエラ。

大魔王バーンは竜の騎士が2人も配下になる可能性に喜び、バランが成功したあかつきにはバランを新たな魔軍司令にすると宣言します。

現職の魔軍司令であるハドラーは予想していた最悪の展開に焦ります。心の中ではダイがバランを倒す僅かな可能性を祈るほどです(笑)

ダイの大冒険のハドラーの周りでは、本当に会社あるあるなネタが散りばめられていますね。

ライデインストラッシュを超える技「ギガブレイク」

ダイはバランの息子!あまりの展開に、衝撃を受けるダイたち。

当然ですよね。

竜の騎士が何なのか、自分は人間なのかを知りたかったダイが、

竜の騎士は人間ではないという事実を告げられ、魔王軍が襲ってきたと思ったら本当の父親で、その父親にお前も魔王軍に入れ!って言われているのですから。

しかし、ダイは世界を苦しめ、アバン先生の命を奪った魔王軍とは戦うとバランに言います。全くぶれません。

ダイは竜の紋章の力を自力で発動させると、最強技であるライデインストラッシュをバランに放ちます。

がバランは難なく受け止めると、ライデインよりも上位の電撃呪文ギガデインを自身の剣にまとわせます。

するとギガデインをまとった剣で渾身の一撃を見舞う技ギガブレイクをダイに食らわせました。

ダイは鎧を粉々にされ、湖へ落ちてしまいます。

クロコダインも震える強さ

ダイが倒された後、クロコダインが登場し加勢します。

が、元々同じ魔王軍にいたこともあってかバランの強さを知るクロコダインは恐怖で手が震えています。

しかし、ダイを自身の闇を払ってくれた太陽に例え、死を覚悟でバランと戦うことを宣言するクロコダイン。

クロコダインの太陽という言葉に"ソアラ"という謎の女性のことを頭に浮かべるバラン。この女性がダイの母親のようですね。

強さの秘密は竜闘気(ドラゴニックオーラ)

再び額に竜の紋章を輝かせるも立っているだけのバランに対し、斧で攻撃するクロコダイン。

斧がバランの首をとらえた!…と思いきやバランの身体の周りに流れる闘気によって斧の方が破損してしまいます。

すると次はバランのターン!と言わんばかりに、素手でクロコダインの鎧を貫きました。

これが竜の騎士の強さの証、竜闘気(ドラゴニックオーラ)だ!とバラン。

今までの敵と明らかに次元の違う強さに絶望感が半端じゃない…

というところで今回は終了です。

次回は第25話「戦慄の竜闘気」

次回は第25話「戦慄の竜闘気」。

ダイがバランの息子だからこそ、これまでハドラーは自分の立場を脅かすであろうダイとバランを近づけさせまいと必死になっていたという事ですね。

一方のバランは、ダイが自分の息子だと知ったことで、自分と同じ魔王軍に入れようと本気で攻めてきています。

ドラクエのゲームで例えたら、今回のバラン戦は完全に敗けイベントの状態ですね。勝てる気がしない。

しばらくはバラン優勢が続きそうですが、ダイたちはどのように今後戦っていくのでしょうか?

 

ダイの大冒険はU-NEXTで全話視聴できます。

いまなら31日間の無料トライアル中です。

無料の期間だけ試してみて、解約してもお金がかかりませんので過去の話を視聴するのに最適です。

20年以上たってリメイクされたダイの大冒険、映像の進化もすごいです!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

ダイの大冒険の原作コミックを読みたい!という方はDMMコミックレンタルがおすすめです。

1冊なんと95円でレンタルできますし、家から一歩も出ずに配送で対応してくれます。

1冊95円のDMMコミックレンタル!

それでは!

 

-アニメ

© 2021 ミドむら Blog