アニメ

【ネタバレ注意】ダイの大冒険 第26話「竜騎衆大接近」ポップ再びトンズラ!?

アニメ ダイの大冒険 第26話「竜騎衆大接近」のネタバレ感想まとめです。

ダイの記憶を消去したバランは、自身の最強の配下である竜騎衆と呼ばれる3人のドラゴンライダーを呼び寄せ、再びダイのもとへ向かいます。

どう考えても戦況的に不利な中、ポップは再び逃げ出そうとするポップ。しかし今回はただトンズラするわけではなさそうです。

また、今回からアニメのオープニングの絵の一部とエンディングが変わりましたね!

不利な状況が続く中、勝機は見えるのか?早速解説していきます1

第25話のネタバレ感想はコチラ

バラン&竜騎衆の侵攻開始

前話で竜騎衆3人を呼び寄せたバラン。

メンバーは下記となっています。

・空戦騎 ガルダンディー:スカイドラゴンを操る鳥人間

・海戦騎 ボラホーン:ガメゴンロードを操るトド型の獣人

・陸戦騎 ラーハルト:通常(?)のドラゴンを操る魔族の男

3人を呼び寄せたバランは身支度を整えると言って、単身で泉へ向かうと

「ソアラ…」と女性のことを思い浮かべ、ダイ(ディーノ)の奪還を誓います。

やはりこのソアラという女性が、バランの奥さんでダイの母親でしたね。

どうやらソアラは既に亡くなってしまっているようです。ソアラが無くなった経緯も今後語られる時が来るかもしれません。

身支度と決意を固めたバランは、竜騎衆と共にダイのいるテラン王国へ侵攻を開始します。

テラン王へ謁見。ポップ、再びトンズラ!?

一方、ポップとレオナたちは、記憶を失ってしまったダイを匿うため、テラン王に協力を仰ぎます。

テラン王は病床にある老人でしたが、

レオナの「侵略に対しては戦います」という力強い決意の言葉を聞くと、快く協力を受け入れます。

メルルの能力を見抜くテラン王

ダイを匿うことを了承したテラン王は、メルルを一目見ると何かに気付き、自身の近くまで来るように言います。

メルルの瞳をじっと見つめるテラン王。緊張するメルル。

テラン王はメルルの占いと、余地の能力を見抜きこう伝えます。

「今後お前は恐ろしいものを見ることになるだろう、しかしお前の力は必ずや多くの人の命を救うことになる。自分の力を恐れるでないぞ」

何やら将来の伏線のようですね。。と思いきや、

「ううっ!」とバランと竜騎衆の接近を早速感じ取るメルル。

早すぎ(笑)そして有能すぎ!

ですが、テラン王の言葉はもっと先の将来のことも予見しているような気がします。

今回のメルルがバランと竜騎衆の接近を感じ取ったのは、ポップ達にとって有益な情報ではありましたが「多くの人の命を救うこと」には直接つながらないように感じます。今後のメルルの活躍に期待ですね。

ポップ再びトンズラ!?と見せかけて単身戦いへ

ダイを匿うため、案内されたのはなんと、テラン城の牢獄(笑)

しかしこの場所が最も強固で安全な場所との事。記憶を失ったダイは暗い牢屋に閉じ込められ、泣き出してしまいます。

メルルの祖母ナバラが水晶でバランと竜騎衆の接近している様子を映し出します。

竜騎衆の強さを知っているクロコダインは、その恐ろしさを全員に伝えます。

勝機のなさに絶望し、静まり返る一同。。

すると、

「はっはっはっ!」とポップが突然笑い出し、こんな命を捨てるような戦いに挑むくらいなら、1人でトンズラさせてもらう。

と言い出します。

ロモス王国の戦いまでは、臆病で逃げ腰のポップでしたが、その後の戦いで成長し周囲の信頼を得ていました。

そんなポップが再び「トンズラする」と。耳を疑う一同。

レオナにはビンタされ、メルルからは「あなたのこと嫌いになりました!」と愛想をつかされ、城を後にするポップ。

しかし、「トンズラする」のはポップの嘘でした。

竜騎衆とバランを足止めするために、単身で向かうと言ったら仲間たちから止められてしまうため「逃げたふり」をしたのです。

さすがポップ!!

文字通り死を覚悟で、バランと竜騎衆のもとへ向かいます。

ポップvsガルダンディー

バランと竜騎衆のもとへたどり着いたポップは、挨拶もそこそこに自身の最強呪文であるベタンを唱えます。

効果あり!バラン達が乗っていたドラゴンやガメゴンロードを一撃で倒すことに成功しました。

しかし、バランをはじめ竜騎衆のラーハルト、ボラホーンはドラゴンの身体を盾にしのぎました。

ガルダンディーに至っては、スカイドラゴンのルードに引き上げてもらい全くの無傷です。

バランはルーラでテラン王国へ先行することになり、ポップと竜騎衆が残りました。

人間を苦しめることが大好きなガルダンディーは、スカイドラゴンの身体でポップを締め上げます。

「いっそのこと、頭でも嚙み砕いて楽に殺してくれ」とのポップ。こんなこと言うやつだったっけ?

スカイドラゴンの牙がポップの頭に向けられた次の瞬間!

ポップはスカイドラゴンの口の中に腕を突っ込むと、そのままベギラマをスカイドラゴンの体内へ叩き込みます!

スカイドラゴンの頭を吹き飛ばし、倒すことに成功しました。

スカイドラゴンをルードと呼び、兄弟のように接してきたガルダンディーは涙を流し、ルードの死を悲しみます。

仇を討たんと、ガルダンディーは相手の魔法力を奪う"白い羽根"と相手の体力を奪う"赤い羽根"をポップに刺し、

剣でポップの身体に攻撃を続けます。

満身創痍となるポップ。魔法力も尽きかけ、抵抗もできません。

遅れて登場、ヒュンケルの兄貴

ガルダンディーがポップへとどめを刺そうとした瞬間、斬撃が飛んできてガルダンディーを吹き飛ばします。

次の瞬間、ポップの身体に刺さった羽根を払い落とし、助けた人物は、、

ヒュンケルの兄貴!

いつもながらいい感じで遅れての登場です。

ポップの「一番助けられたくない奴に助けられちまったぜ」に対し、

「そいつは悪いことをしたな」と返答するヒュンケル、この掛け合いが個人的には最高でした。

次回は第27話「陸戦騎ラーハルト」

次回は第27話「陸戦騎ラーハルト」。

ポップを助けに来たヒュンケルの活躍が期待できますね。

しかしポップもドラゴン4匹を倒し、竜騎衆とバランを分断した上に足止めまでしたのですから大変な活躍です。

しかし、次回のタイトルは「陸戦騎ラーハルト」。

ガルダンディーもそうですが、ボラホーンも瞬殺されてしまうのでしょうか(笑)

そして竜騎衆3人の中で最も手ごわいのがラーハルトなのでは?

次回を楽しみに待ちましょう!

 

ダイの大冒険はU-NEXTで全話視聴できます。

いまなら31日間の無料トライアル中です。

無料の期間だけ試してみて、解約してもお金がかかりませんので過去の話を視聴するのに最適です。

20年以上たってリメイクされたダイの大冒険、映像の進化もすごいです!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

ダイの大冒険の原作コミックを読みたい!という方はDMMコミックレンタルがおすすめです。

1冊なんと95円でレンタルできますし、家から一歩も出ずに配送で対応してくれます。

1冊95円のDMMコミックレンタル!

それでは!

 

-アニメ

© 2021 ミドむら Blog