アニメ

【ネタバレ注意】ダイの大冒険 第29話「バランの怒り」名言"ギガブレイクで来い"からの竜魔人化

アニメ ダイの大冒険 第29話「バランの怒り」のネタバレ感想まとめです。

苦戦の末、ラーハルトを倒したヒュンケルの前に、殺したと思っていたボラホーンがポップを人質に立ちはだかります。

一方、バランはいよいよダイのいるテラン城へたどり着こうとしていました。

両局面で大ピンチを迎えて始まった第29話、早速まとめていきます。

第28話「ダイの秘密」のネタバレ感想はコチラ

ラーハルトの遺志を継ぐヒュンケル

ポップを人質にするボラホーンはヒュンケルに対し、武器を捨てて自分に殺されるよう要求します。

「お前が死んだら悲しむ奴がいる、あいつ(=マァム)を幸せにしてやってくれ」俺のことはいいから、とポップはヒュンケルに伝えます。

マァムのことが好きなポップですが、マァムとヒュンケルのことを彼なりに想えばこその言葉ですね。

しかしヒュンケルは、

「俺は人を幸せになどできない、不幸にしかできないんだ…それならばせめてこの世の悪党どもを不幸にしてやろうと剣を振るってきた…

ここで弟弟子を見捨てては死んだアバンに今度こそ破門されてしまう…」

とめちゃカッコいいセリフと共に剣を捨て、覚悟を決めます。

ボラホーンは自分の思い通りに事が運んだとみて、武器をヒュンケルに向かって振りかざします。

その瞬間、「ドスッ!!」

ボラホーンの武器がヒュンケルに届く前に、ラーハルトの槍がボラホーンを貫きます。

「人質を取るなど、竜騎衆の誇りに背く許せぬ行為だ」

助けてくれたのは、ラーハルトでした。

死ぬ直前に、かけがえのない友となるラーハルト

ヒュンケルとポップを助けてくれたラーハルトは、力を使い果たしてしまいました。

ラーハルトは最期に自身の生い立ちをヒュンケルとポップに語り始めます。

ラーハルトもダイと同じように、他種族間に産まれた混血児でした。

ただし、父親が魔族、母親が人間だったラーハルトは、

魔王ハドラーの時代に人間によって親子共々迫害されるという過酷な幼少期を過ごします。

両親が死に、失意の中にいたラーハルト少年を助け、育ててくれたのがバランでした。

バランはラーハルトの父親代わりでもあったんですね。

ラーハルトの話を聞き、涙するヒュンケルとポップ。

そんな2人に心を開いたのか、ラーハルトはヒュンケルに自身の鎧の魔槍を貰ってくれと伝えます。

「お前に使ってほしいんだ」

鎧の魔槍を身にまとうヒュンケル。

「鎧もお前のことが気に入ったようだな」と言い、息絶えるラーハルト。

ヒュンケルにとってラーハルトは最期に、心を通わせた友となったのでした。

ラーハルトの遺志を継ぎ、ヒュンケルはポップを連れてバランのもとへ向かうのでした。

クロコダインの名言「バラン、ギガブレイクで来い」

一方その頃、テラン城にたどり着いたバランと対峙するレオナとクロコダイン。

2人はバランからポップがたった1人で竜騎衆を相手に立ち向かっており、今頃死んでいるだろうと伝えます。

逃げ出したと思っていたポップが自分たちのために戦っていたことを知り、

「ポップ、すまん…あの世であったら好きなだけ俺を殴れ」

と、涙を流し覚悟を決めるクロコダイン。

「バラン、ギガブレイクで来い!!」

クロコダインはバランに、必殺技であるギガブレイクを撃って来いと挑発します。

それに応え、全力のギガブレイクをクロコダインに叩き込むバラン。

しかし、クロコダインは凄まじい威力を誇るギガブレイクを正面から受け止めて重傷を負うも、すぐさまレオナのベホマで回復し、

更に2発目のギガブレイクを受け止めます。

クロコダインの作戦は、バランに直接勝とうとするのではなく、自身は防御に徹することでバランの体力と魔法力を消耗させるという、文字通り命を犠牲にするものでした。

全力のギガブレイクを2回食らっても生きているクロコダインに驚くとともに苛立つバラン。

回復役のレオナにライデインで攻撃をするバラン。

突然槍が飛んできて、電撃を避雷針代わりに防ぎました。

ヒュンケルの説得むなしく、竜魔人と化すバラン

飛んできた槍を見て、ラーハルトに妨害されたと勘違いしたバランでしたが、それがヒュンケルとポップであることに驚きます。

対してヒュンケルの登場と、ポップが生きていることに喜ぶレオナとクロコダイン。

ヒュンケルは、ラーハルトからバランの過去を聞いたと言い、バランが人間を憎む気持ちを理解した上で、人間にも素晴らしい一面があると説きます。

しかし、「お前の愛したのも人間だった」というヒュンケルの言葉にバランは激昂します。

「ならば人間の肉体と心を捨てよう!」

バランはそう言うと、紋章を強く輝かせ、左目につけていた飾りを強く握りしめました。

手から血を流すバラン。なんとその血は、人間の赤い色から魔族の青い色にみるみる変わっていきます。

次の瞬間、雷鳴のような轟音と共にバランの身体は人型のモンスターのように変貌します。

それの姿は、竜の騎士の最強戦闘形態「竜魔人」でした。

バランが人の心と姿を捨てた、本気の戦いが始まります。

一方その頃、バラン強い紋章の力に反応し、ダイの紋章も共鳴して輝きだします。

その力にメルルたちは吹き飛ばされ気を失ってしまい、ダイは牢屋の鉄格子を無理矢理こじ開、けバランのもとへ向かってしまいました。

というところで今回は終了です。

次回は第30話「ポップの覚悟」

クロコダインの名言「ギガブレイクで来い」をやっとアニメで観ることが出来ました。

また、バランの竜魔人への変身シーンも圧巻でしたね。

ポップ達にとって、状況はますます悪くなります。

"ポップの覚悟"とはいったい…何か嫌な予感がしますね。

 

ダイの大冒険はU-NEXTで全話視聴できます。

いまなら31日間の無料トライアル中です。

無料の期間だけ試してみて、解約してもお金がかかりませんので過去の話を視聴するのに最適です。

20年以上たってリメイクされたダイの大冒険、映像の進化もすごいです!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

ダイの大冒険の原作コミックを読みたい!という方はDMMコミックレンタルがおすすめです。

1冊なんと95円でレンタルできますし、家から一歩も出ずに配送で対応してくれます。

1冊95円のDMMコミックレンタル!

それでは!

 

-アニメ

© 2021 ミドむら Blog