アニメ

【ネタバレ注意】ダイの大冒険 第8話「百獣総進撃」ポップの残念さが際立つ…

アニメ ダイの大冒険 第8話「百獣総進撃」が放送されました。

獣王クロコダインがロモス城を襲撃!

命が惜しくて戦いに行くのをためらうポップはマァムに愛想をつかされ(ぶん殴られ)、

クロコダインは奥の手として魔法の筒から洗脳したブラスじいちゃんを召喚します。

一気にダイたちが劣勢になり大ピンチとなる話でしたね。感想まとめです。

獣王クロコダインの逆襲

ロモスにたどり着いたダイ一行

ロモスにたどり着いたダイ、ポップ、マァムたちは夜も遅いので宿をとることにします、

そこで出会ったのは、偽勇者一行!!

第一話でゴメちゃんを誘拐した輩ですが、

心を入れ替えて、自分たちより弱いモンスターを倒したり、ロモス城の兵士に簡単な魔法や武術を教えて金を稼いでいるとのこと。

「今までとやっていること変わらない」と呆れるダイたちでしたが、

自分たちより弱いとはいえモンスターを倒している・・・雑魚モンスターも倒すことのできない一般人の助けになっている

城の兵士に簡単な魔法や武術を教えている・・・少なくとも兵士より強いという事だし、兵士のスキルアップに貢献している

という事なので、結構世の中の役に立っているような気がします。

クロコダイン率いる百獣魔団がロモスに総攻撃、怖気づくポップ

翌日、獣王クロコダイン率いる百獣魔団のおびただしい数のモンスターたちがロモスへ総攻撃を仕掛けます。

王様が危ない!とすかさず城へ向かうダイ。

マァムも後を追おうとポップに呼びかけますが、ポップは自分の命欲しさに怖気づきます。

最後には、ダイのせいで魔王軍に目を付けられるんだ、巻き添え食って死にたくねぇよ!

というアバンの使徒としてクズ過ぎる発言をし、マァムに思いっきりぶん殴られ、見限られてしまいます。

クロコダインと対峙したダイに襲い掛かるブラスじいちゃん

一方、ダイはロモス城にたどり着きます。

クロコダインが王様に手をかけるところでしたが、間に合いました。

というか数分(アニメの時間軸だと数時間?)で一気に王様のところまで攻め入るクロコダインが有能すぎます。

ダイとクロコダインの再戦が始まりますが、攻撃魔法「メラ」を使えるようになっていることに驚愕するクロコダイン。

「以前は剣術しか使えなかったのに?!」←でもメラってゲームだと全然大したことない魔法なんですけどね

クロコダインは、奥の手として妖魔師団の団長ザボエラから渡された小さな箱に手を伸ばします。

その箱の中身は第1話でも登場した、生き物を封じ込めるこの出来る魔法の筒でした。

「デルパ!」と唱えるクロコダイン。

魔法の筒から召喚されたのはデルムリン島にいるはずのブラスじいちゃんでした。

が、大魔王の邪気で悪いモンスターとして洗脳されてしまっています。

"モンスター鬼面導士"としてダイたちに襲い掛かるブラスじいちゃん。

混乱呪文のメダパニやダイのメラより高位のメラミで襲い掛かります。

マァムもダイに合流しますが、

「じいちゃんに手を出さないで!」と泣いて懇願するダイに引き留められます。

プライトを捨て、放たれる獣王痛恨撃

ダイの育ての親であるブラスじいちゃんを洗脳してダイと戦わせていると知ったマァムは、

卑怯者とクロコダインに言い放ちます。そして、ロモスの兵士たちも、ここぞとばかりに一緒にあおります。

元々こういった卑怯な戦い方を本音では良しと考えていなかったクロコダイン。

痛いところを突かれて動揺しますが、そんなこと言ってられるか!

と言わんばかりにプライドを捨て逆切れしてきます。

ブラスじいちゃんがいるため攻撃できないダイたち目掛け、クロコダインの必殺技「獣王痛恨撃」が容赦なく放たれます。

攻撃後、「勝った!」と叫ぶクロコダイン。倒れるダイたち。そして逃げ出したポップはどうする?

という手に汗握る第8話でした。

次回は第9話「ひとかけらの勇気」

次回は第9話「ひとかけらの勇気」。

ネタバレになりますが、ポップはアバンの使徒ですので立ち直って戦いに参戦します。

ポップを立ち上がらせるのは実に意外なキャラクターです。

ポップという名前の由来は「pop(通俗・大衆)」からきているそうで、情けないところも含めて実に人間くさいキャラクターです。

そんなポップがどのようにして立ち上がるのか、次回は神回となるはず!

ダイの大冒険はU-NEXTで全話視聴できます。

いまなら31日間の無料トライアルでお試しからでも利用可能です。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

それでは!

-アニメ

© 2021 ミドむら Blog